お金と運に翻弄されて・・・

50男の日常とお金とほんのちょっと人の運の話とか

人のために役立ちたい?

朝のNHKニュースで男の子が母親から大好きなアメリカンフットボールのチームのチケットを貰ったことに感激して、貰ったクリスマスプレゼントを全部恵まれない人に送ると言い出して、結果、ハリケーン被害にあったプエルトリコの子供達に贈ることになり、追加のおもちゃの提供をインターネットの動画で呼びかけ、数千個のおもちゃが集まった、という内容を伝えていた。

 

www.nhk.or.jp

先日は僕のカミさんも寄付先を求めてインターネットを検索していた。

何しているのかと聞くと、自分は恵まれているから、少しでも他の人にそれを分かち合いたいのだと言った。

 

我が妻ながら、本当によくできた人だ^^;

 

ちなみに僕自身はWikiMediaに寄付はしているが、それは日頃お世話になっている利用料みたいな感じだ。人のために何かをするという意識にはほとんどなったことがない。

 

でも、どうして僕はそういう思いに駆られないのか? ^^;

 

思い返すと、それは少年時代の思い出にまで遡る。

 

少年の僕は自分で言うのもなんだが、結構慈悲深い人間だったのだ。

 

いじめにあっていた友人と進んで話したり遊んだりしていたし、目に着くところで話すのが憚られるときにはわざわざその子宛にハガキまで書いたりして。

 

そこまでしていたのに、今の僕にその面影がほとんどないのは、きっとその結果起こった苦い経験のせいだ。

 

苦い経験というのは、簡単に言えば「恩を仇で返される」みたいなことだ。

 

いじめられて仲間はずれになっていた子がいじめられなくなった途端、踵を返すように今度は僕をいじめ出したり、仲間はずれにしたり。あるいは親友だと思っていた友人に他の誰にも話したことのないような秘密を公然と暴露されたり。

 

そんなことが幾度となく繰り返されるうち、いつしか少年の僕の中には外の世界、他人に対する不信感が芽生えていったようなのだ。結果、自分以外の存在に期待を持たなくなり、自己防衛本能でどこか一歩引いた形で世界と関わるようになっていったのだと思う。

 

書いていて、ちょっと寂しい話ではあるけれど。

 

そんな僕だから、世の中のいろいろなニュースにもどこか冷めた目で見ている。少年の僕がまだ心の奥底をうろうろしている。

 


ゴダイゴ ガンダーラ 高音質

 

あるいはそんな過去から自由な世界でなら、僕にもまた「人のために役立ちたい」という思いを呼び起こせるのだろうか?

 

セカンドライフ ー 人生の折り返し地点

昔、そんな名前のアバターを使ったインターネットサービスがあったけれど・・・

 

年齢も50を過ぎるとだんだんその先の生活、大げさに言えば人生を意識することがあります。

 

今年は更に何度も書いていますが、父との離別を経験してその意識が更に強くなった1年でした。

 

50 代から実る人、枯れる人

50 代から実る人、枯れる人

 

ちょっと前に書店でこんな本を見つけて何となしに購入して読んでみました。

内容としては50代からの人生をいかに実りあるものにしていくかについて解説した本で、逆にこんなだと枯れた人生になるよ、と言ったようなことを対比させて書いてあります。

 

残念ながら僕は結構枯れまくっている感じでした^^;

 

本の目次を最初の方だけ抜粋してみると、

 

第1章 現実を知る

  01  今、どのステージにいるかを見つめ直す
  02  苦悩を受け止める
  03  客観的に自分をいたわる
  04  挫折免疫力をつける
  05  年相応の魅力を理解する
  06  会社での強みが役立たないことを知る

 

というような感じになっています。このあとは人間関係、心と体、仕事、生活、希望というような章立てになっていますが、ある意味自分自身をオーバーホールするつもりで読めばそれはそれでじゅうぶんに役立つような気がします。

 

僕の場合はかなり自分を粗末に扱ってきたなーという自覚があったりしますが。(笑)

 

先の生活についても例えば50を過ぎるとぼちぼち「定年」という言葉が頭の片隅に浮かんできたりもしますが、定年後の生活を送るためには一体いくらの蓄えがあればいいんだとか気になりますし、その手の情報もよく巷で見かけるようになりました。

 

生活水準をとりあえず年収300万レベル(ちょっと贅沢かな・(^◇^;))に設定したとして、80歳くらいまで生きるとして20年分、合計6000万の蓄えがなければならない。あるかい!そんなん! まあ、多少年金で賄うことを考えても数千万はいる計算になりそうです。では今から未来に備えて緊縮財政な日々を過ごして、貯金&投資に勤しむか。なんか心が卑屈になっていきそうです^^;;;

 

数年前にファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を取りましたが、FPのライフプランのデザインってある意味、一生懸命節約して将来に備えましょうってことなんだけど、備えた生活を送って、急に怪我や病気で倒れて結局その日が来なかったら、悔やんでも悔やみきれないなと一方では思ったりもします。結局、その人の人生だから正解はその人の選択次第なのかもしれませんが。

 

ともあれ、まずは上の本にあるように現状認識が大事なのかもしれません。どんな人生にしたいか、どんな風に人生の幕を引きたいか。

 

こんな話をしながらいまだに父の最期の姿がチラチラしています。

 

イベントドリブンな毎日を(つづき)


f:id:tomei0208:20171211225656j:image

カミさんとランチの後は習志野文化ホールでクラシックの演奏会を聴きにいった。東邦大学管弦楽団だったが、ホールは立ち見が出るほどの盛況。地元では知られた存在なのだろうか。

 


f:id:tomei0208:20171211230020j:image

 

クラシックというと先日亡くなった父の思い出と重なる。父はクラシック大好きな人で小さいときから家ではクラシック音楽の鳴らない日はなかった。幼かった僕はどうにも好きになれずにいて、そんな父との接点は音楽ではなく本だったけどそこでも微妙に嗜好はずれていた。そんな感じでも音楽は耳の奥に記憶として残っているけれど。

 

開演後の最初の曲はシベリウス交響詩フィンランディア」。この曲は映画『ダイハード2』の最後の方で使われたこともあって強烈に印象に残っている。

 

フィンランディア(シベリウス)

フィンランディア(シベリウス)

 

次は「ウェーバーの主題による交響的変容 第1楽章~第4楽章」。クラシック素人の僕には初めて聴くものだったと思う。

 

終了後は15分の休憩が入って、その後はドヴォルザークの「新世界より」。折に触れよく耳にする曲で、父もよく家で聴いていたと思う。

 

ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》

ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》

 

一緒にいたカミさんはあまりクラシックを聴く機会がこれまでなかったらしく、生演奏の迫力に感嘆していたが、それももっともだと思う。誕生日の思い出の新たな1ページを飾ったことだろう。

 

もちろん僕にとっても印象的な時間であったわけだけれど😅

 

イベントドリブンな毎日を


f:id:tomei0208:20171210201322j:image

なんか意味不明なタイトルだけど、まあいいか😅

 

今日はカミさんの誕生日でした。というわけで、近所のイタリアンなお店でランチコースを堪能。

 


f:id:tomei0208:20171210201555j:image

 

ワインなんかも頼んだりして。

 


f:id:tomei0208:20171210201655j:image

これは前菜。

 

実家の両親も結婚記念日と誕生日はケーキやお寿司を買ったりして祝っていた。それに倣ったわけではないけど、こういうことはやらないとそれでなくても変化に乏しい日常がますます退屈なものになってしまう。

 

それほど積極的に外に出ていくタイプでもないので。

 


f:id:tomei0208:20171210202147j:image

パスタ。トマトソースにベーコン、そしてタマネギのソース。美味。

 


f:id:tomei0208:20171210202316j:image

 

魚料理。シタビラメとホウレンソウのバターソース。この辺でかなりおなかいっぱい。パンとかも食べたしね。

 


f:id:tomei0208:20171210202548j:image

 

肉料理。

 


f:id:tomei0208:20171210202635j:image

 

デザート。これにコーヒーをつけてだいたい食事の所要時間一時間あまり。かなりおなかいっぱいになった。

 

食事のあとは駅前の繁華街へ。例年やることが違うけれど、今年は本屋で少し時間をつぶした後にクラシックの演奏会を聴きに行った。終わる頃にはすっかり日も沈んでいた。

 

帰りはかなり風が強くなっていて。冬もこれからが本番ですな。

 

イタリア料理 マッセリア

ぐるなびイタリア料理 マッセリア

 

 

 

 

 

スマートスピーカーのある生活(つづき)


f:id:tomei0208:20171209202050j:image

スマートスピーカーを買っていちばん変わったのはよく音楽を聴くようになったことだ。

 

もちろん、音楽はスマートスピーカーじゃなくても聴ける。実際いちばんよく聴いているのは通勤電車の中で、スマホを使ってだ。

 

スマホでなんてパケット代がバカにならないんじゃないかと云われるかもしれないが、いわゆる格安スマホを活用することでほぼ無課金状態で利用することが出来ている。

 

もちろん、Googleミュージックとかの課金はあるけど、キャンペーンとかもあるので今は懐は痛んでいない。

 

一昔前ならCDを買ったり、レンタルしたりでそれなりの負担を強いられていた。今だって月額にしておよそ千円の負担はかかるけど、買ったりレンタルしたり、曲ごとに買ったりすることを考えればかなりフトコロにやさしい😄

 

ところでスマートスピーカーを使うと、漠然とした音楽リクエストにも答えてくれてコレが結構便利。

 

80年代のポップス聴かせて、とかハワイアンミュージックを聴かせてみたいな要求にもそれなりに答えてくれる。

 

このあたりがストリーミングサービスのいいところだと思う。スマートスピーカーを使えばそれが声による指示だけで済む。

 

人によってはプライバシーが心配という人もいるかもしれない。

 

確かに一度、話しかけていないのにいきなり話し始めてびっくりしたことがある。あと、時折こちらの呼びかけにトンチンカンな回答をしたりとか。混線してるんじゃないかと思ったり。

 

でも新しくモノが出来るときってこんなもんじゃないかと思う。利用の仕方によっては心配の通り盗聴器にだってなるのかもしれない、それだって可能性のひとつだろう。しかしそれが経験値になって将来の安全に繋がっていく。

 

Google homeを使い始めて約2ヶ月。今度は招待メールが来たのでAmazon echoも購入した😅 さすがに世界シェアトップだけあって使える機能も多そうだけど、ちょっと反応が遅い気がするんだよな~。個人的な印象だけど。

 

この文章もAmazon Echoで音楽を聞きながら書いた。😁

スマートスピーカーのある生活


f:id:tomei0208:20171207225542j:image

インターネットの記事で最近注目しているのは、Google homeやAmazon Echoといったいわゆるスマートスピーカー関連の話題だ。気になってGoogle homeが国内発売になった次の日には店頭に出向いてパッケージをゲットしていた。父が亡くなってまだ納骨も済んでいなかったけど😅

 

新宿まで出て、納骨の打ち合わせが終わって母と別れたその足で家電店に向かった。最初に行ったヤマダ電機にモノはあったけど、店員も誰もいなかったので早々に退却。まずは動いているところが見たかったのだ。次に向かったのはビックカメラ

 

ビックカメラではデモスペースも設けられていてヤマダ電機とは気合いが違った(今はどうか知らないけど)。そして見ていると案の定欲しくなった。家の照明をコントロールするのはちょっと懐的にもハードルが高そうだったけど、YouTubeNetflixとの連携ならなんとかなりそうだった。結果、Chromecastとセットで購入。😅

 

セットアップは家電並みに楽チンだった。まあ、家電なんだろうけど。Chromecastの方もなんとか設定して、まずはYouTubeをテレビに映してみる。おー、出来た。次はNetflixだ。

 

一年前に実は解約してたけど、これのために復活。また何か新しいモノが配信されているといいな。

 

このときはまだradikoは対応していなかったのでGoogle Musicにも手を出す。まんまと策略に乗せられてる気もするが、とりあえずクーポンでしばらく無料だからそれでよしとした。😅

 

生活の中に音楽が戻ってきた。

 

Google homeに話しかけるといろいろ答えたり、分からないと冷たくされたりする。この辺のことは長くなったのでまた次回に。

 

 

気がついたら師走


f:id:tomei0208:20171206232028j:image

前回の記事からだいぶ間が開いてしまって、気がつけば2017年もあと1ヶ月ないという状態。仕事に追われていた、と書けばありきたりだと思うけど、実際はそれ以外にもあって具体的には今年で数えで米寿を迎えていた父がこの秋に他界して葬儀やらなんやらでドタバタしてました。

 

親から生まれている以上、人生のどこかでこういうシーンは迎えるわけですが、結構大変でした。一番大変だったのは喪主でもあり、最期まで看病を続けた母だったと思いますが、人がこの世を去るとはこういうことなのかというのを生々しく感じた時間でもありました。

 

僕自身、自慢じゃないですがそんなに蓄えがあるほうじゃないですが、油断すれば湯水のようにお金が消えていくのが死の現場です。

 

老後資金もこれから大事になってきますが、自分の葬式代も家族に迷惑かけないためには大事です。葬儀の規模にも依るとは思いますが、何も考えないでやると100万円以上は余裕で飛んでいくと思います。現に余裕で飛んでいきましたから!

 

普段の生活ではなるべく死の方には視線を向けないで生きている人は多いとは思いますが、実際それに向き合わなくてはならなくなったとき、何も知らないと慌てることになります。

最近は終活なんて言葉もよく目にしたりするようになりましたが、折をみてその辺の情報を仕入れておくのもいいと思います。

 

僕の方ではまだ相続の話が残っています。まあ、役所に足を運んでいるのは主に母ですが。この辺はちょっとFPの知識が役に立ちます😅